2009年04月15日

F1マレシーア

バトンがまたポールトーウィン。
雨がらみで色々あったんだけど結局またバトンが勝った。
本当にバトンの時代が来たんだろうか?
いや、個人的にはそう長くは続かないだろうと予想す。
ヴァトンのドライヴィングは高く評価しているが、
それ以外がダメなのでネ。
生涯1勝で終る実力ではないと思っていた。
3勝くらいしてもいい力はあると高く評価していたのだが、
2連勝でもうその3勝に届いてしまった。
予想よりも勝ちそうだね。

レースは豪雨により赤旗中断。
そしてレース続行不可能でそのまま終了。
ポイントは半分。
SC(セーフティカー)が導入されてから赤旗自体が珍しいが
赤旗中断でそのまま終ったのもそうとうめづらしい。

上位では誰が勝ってもおかしくない状況だったけど
終った時点でトップにいたのはバトン。
運もあったけどペースも良かったネ。

2位には終始ライバルたちよりペースが遅かったハイドゥフェルドゥが入った。
それもそのはづライヴァル達が3回とか4回とかピッツインするなか、
ハイドゥだけはなぜか1回しかピットインしていないのだ。
抜かれるシーンが多く写っていたが、フルタンクやタイヤが合ってない等の
不利な状態で良くかんはった。

3−4位はトヨタのグロック、トルリー。
グロックは惜しかった。
勝っていてもおかしくないレースだったネ。
トルリは終盤トラヴルを抱えていた?ようだがタイヤのせい?
1レースに2種類のタイヤを使うが、今年からそれらの差が去年までより大きいとか聞いた。
これでタイヤ選択によりペースがかなり変わるんだとか。

6位ウェバー。
レースよりもPGDAの代表としての活躍が目立った。
会長はデ・ラ・ロ・サでウェ・バーとアロソが役員?みたいだ。
しかしポイントが取れたのは大きいね。
ヴェッテルに押され気味なのでポイントでも先行されると引退の危機だで。
posted by katana at 18:23| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。