2009年04月15日

F1オーストラリーGP ダミ声のナレータ

ナレータがダミ声だった。
アンドロメダに出てくるレヴのようだった。
吹き替え版しかしらないけど…
マゴーグ星人の僧侶だ。
andromeda_rev_bem.jpg
rev bem
もうこいつが言ってるとしか思えなくなるヌ。

今年のマシンはヤパリ格好悪い。
フロントウィングが巨大でリアが小さくなったので、
魚眼レンズで見ているかのような感じだった。


結果はバトンのポールトゥーウィン。
勝ち方としては一番楽なパタンだネ。
今回はマシンなりに走って勝った感じだが、
前を抜いて勝てるかどうかに期待したい。
ライヴァルが巻き返してくるであろう後半戦に自分より速いマシンを喰えるかどうか。
予選2位のパリチェッロがスタートでミスってクポクポだったのでさらに楽だったネ。
そのバリが終ってみたら2位って事の方がポックリする。
まぁ終盤のクピたんとヴェったんの事故があったからだけど、
その後ろにいた事でも十分驚きに値するだろう。
posted by katana at 18:15| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。