2009年03月19日

最近気になったF1

●今年は最多勝がチャンピオンに。
なるみたいだ。
大きな変更じゃないか?

以前は1位から6位までが入賞で有効ポイント制だった。
その後有効ポイント制がなくなって、
またしばらくして8位まで入賞で10点、8点、6点〜の今のポイント制になる。
この2つの変更は1勝の重みが減り、
どちらかと言うと安定型ドライヴァに有利な改正だったが、
今回は一点、優勝かリタイヤかと言う一発型ドライヴァに有利な改正になろう。
優勝回数が同じならポイントが高い方がチャンピオンだそうなので
そこまで極端ではないけど。

今までの方向性が変わるじゃないか。
8位まで入賞にしたのは下位チームでもスポンサを得やすいようにとか言ってなかったっけ?
優勝だけが注目されるようになればまた小さなチームが参戦し辛くなるのでは?

予想してみよう。
2位もリタイヤも同じだと言うなら終盤に2位のドライヴァは
無謀なアタックをかけるやもしれまい。
優勝の可能性のある上位ドラはエンジンの温存が出来ぬので2戦目が不利。
そんな感じで上位のリタイヤが増えそうなので、思わぬドラが勝ったりするだろう。
勝ち星が分散されて普段より低い勝利数でチャンピオンが争われる。
そうすると3〜4人でチャンピを争うかもしれない。
低勝利数大人数で争うなら勝利数で並ぶ可能性も高いのでヤパリポイントも重要だ。
勝てる時には勝って、勝てない時もポイントを稼ゲル人がチャンピだ。

なので速い時は圧倒的に速く、遅い時はリタイヤ率が上がるであろう上位にいない。
そんなマッサが今年のチャンピだと予想しよう。

ラッコネンは今年ダメならクビで変わりにアロソがフェラーリ入りとの噂。
赤い跳馬にアロソとマッサじゃ見栄えがなー。
それなら銀の矢の方が2人ともいいので1人入れ替えよう。

●ホンダw
旧ホンダはブラウンGPに売却され、無事テストが開始された。
テストの初めからかなり速かったので
エンジンがホンダからメルセデスになっただけでこんなにハエーの?
と思っていたがどうも同じエンジンを積む本家マクラーレンよりも速い。
って事はシャシーが優れているって事?
ホンダは去年から8年車は失敗だった事が早期に解った為、
8年の開発は止めて9年の車を作ってます。と言っていたが、
9年の車は当たりだったのかもしれない。
撤退は失敗だったのかもしれないね。

バリチェッロ運がいいな。
ホンダのままならブルーノ・セナに決まっていたと言われてたしね。
セナのスポンサがワークスじゃないなら金は出せんと言って破談になったらしいで。
そしてエンジンがホンダのままなら去年よりは良かったとしても
冬のテストとは言えトップって事はなかっただろうと思う。

●『クルサード博物館』、静かに閉館の時迎える
ずいぶん前に閉館のお知らせを見た気がするんだけど
いつの間にか復活していたのかな?
家族が運営していたが、その人が家を出たので閉めたとか聞いたんだけど…
でももう閉館だそう。
まだ行ってなかったのに。
posted by katana at 17:56| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。