2009年03月03日

F1

旧ホンダはロス・ブラウンによるバイアウト(自社買収)に落ち着きそうだ。
名前もブラウン・レーシングが有力だそう。
実質ニックフライceoによるホンダF1の乗っ取りだろうとの声もあり
バイアウトには納得行ってないのだが
ニック・フライが監督じゃないならまだマシかな。
ホンダF1チームの成績不振の責任者でしょ。
なぜチームに残るんだろう。
そして琢磨をクビにした人。って印象がありファンには恨まれているけど
あれはまぁあの成績では俺でもそうしたかもしれない。
でもスーパーアグリ関係でも彼がいなければ撤退せずに済んだかもしれないって話もあったでね。
なんでもドライバーにインド人?を乗せればスポンサが取れたのに
フライがデビを乗せたがった為にスポンサが取れなかったとか。
そんな感じで俺も良い印象は無い。

そして残留は望み薄と見られていたバリチェッロにも希望が出てきたとか。
撤退問題でシーズン前のテストも殆ど出来ないのに
今シーズンからシーズン中のテストも禁止なので、
マシン開発が苦手なバトンと新人のブルーノではどうにも成らぬだろとの事。
ぷっつけ本番なら琢磨も慣れてるけどね。
そんなのに慣れてる奴なんて嫌だって?
ちげーねー。
バリチェッロは来年から参戦の噂のあるアメリカンレーシングからも誘われていて
引退の危機から一転、2チームからオファがある状況?
今年は旧ホンダで来年からはアメリカンレーシングになるかもしれない。
バリは史上最多出走の記録保持者だが、あと2年やるなら300戦超えもありえる。
昔と比べて年間のレース数が増えているので出走回数は今のドライバの方が有利だけど、
あと2年やるなら参戦年数でもトップに躍り出るとか。(未確認)
彼がデビューした頃はもっと違う形の記録を想像していたもんじゃがな。
posted by katana at 18:29| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。