2009年05月12日

F1スペイン。

バトンpp
2位にヴェッティールー。
3位パリチェ
4位マサ
だっけかな。
スタートでバトソよりヴェッテよりもガソリンが重いパリがトップに。
これは久しぶりの優勝のチャンスか。
と思ったのだが、不可解な3ストップ作戦で2位。
危うく3位ウァーヴァーにも抜かれるか?って状況にまで。

速さがあるんだからセオリー通りで良かったのになぜ?
ティームオーダが禁止なのでピッツ戦略でバトソを前にやっただろ?
なんて疑ってしまうが、同じ戦略で抜かれるよりは…
と思ってしまうのはパリチェッロさんに失礼だろうか。

資金力の差で今後失速が予想されるブラウンが
チャンピオンになれるとしたらどっちかに星を集めるしかない。
俺が監督でも既に3勝しているバトンに勝たせたくなるだろう。
でも俺はファンなのでパリチェッロにかんはって欲しい。

しかしバトソは空気読まない。
ホンダ撤退に困った人々から特別な優遇を受けていたのだが
始まってみればまさかのスピードに皆困惑している。
エンジンだって特別にメルセデスを使わせて貰ったはずだけど
本家マクラーレンをラップ遅れにしちゃっていいの?
やっぱエンジンはあげない。足で漕げ。得意だろう?なんて言われないだろうけどサ…
(バトンはトライアスロンが得意)
自転車なら琢磨も黙って無いぜ。(元自転車部)

3位ウェバーは良くやった。(去年自転車で骨折した)
最近ヴェッテルに負けてて評価を落とし始めていたので表彰台は嬉しいネ。
ヴェッテルはマッサーにずっと抑えられていたのが痛かった。
それが無ければ解らなかったけど…

マッサは4位になれたはずがガス欠で6位。
ガス欠てそんな…
こう言う事があると応援するのがパカらしくなって来るので気を付けるよう。
まぁマッサは応援して無いけどサ。
フェラーリを応援しているだ。
posted by katana at 18:17| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の小学生って凄いんだね。

少し前にずっと読んでいた少年サンデーをご卒業した。
もう少年じゃないでね。
まぁ総理大臣も読んでるみたいだから良いんだけど…

そして途中まで読んでいて続きが気になっていたマンガが
アニメ化されたというので見ていたのだが
その主題歌を歌っていたのが小学生3人組のユニット「可憐girl's」である。
( ’いらなくね?)

歌自体の破壊力も凄いが、ユーチューブでpvを見たらダンスがパネェッス。
子供が…いや人がこんなに動ける物なのか?
マイケルジャクソンやルイスポンジェッタの踊りを見た時と同等か
それ以上の衝撃を覚えると言っても過言では無いと言ったら言い過ぎだろうか。


かなり来てる。

アニメは残念ながら俺が知らない部分に入る前に終ってしまった。
グループの方もアニメ終了とともに既に解散しているそう。
シングル2曲で終ってしまったのは残念。(アルバム1枚)

そういればイヌヤシャも終ったんだそうだ。
結末を聞いたら「普通に終った」との事。
わかんねーよkpw
桔梗や琥珀、奈落、殺生丸らがどうなったのか。
それは誰にも解らない。
コナンもTVでやってるけどメジャーと重なっているので見れない。
同じマンガ誌が原作のアニメを同じ時間帯に重ねるとゎ。
posted by katana at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック
最近のコメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。