2009年04月23日

F1中国。

バトンの3連続ポールはならズ。
上にレッドブルとアロソ。
と言うかパリチェッロも上なのでチーム云々でなく終る運命だった。

そして雨の中SC(セーフティカー)先導でスタート。
すぐにアロソがピッツイン。
本当にタンクが空だったとすると相当軽いが
これはどういう作戦だろうか。

序盤の注目点の一つにレッドブル勢のガソリン量があったのだが、
なんとウェヴァーの方が先にピッツイン。
て事はヴェったんの方が重いタンクでウェバーを上回っていたのだ。
ウェヴァーと言えば予選番長と言われるくらいにスピードには定評のある人。
それを上回ったとなるとヴェったんの実力は計り知れないニャ。

そしてこのタイミングでクピたんがトゥルリーに突っ込んでSC。
ピットスタートの筈のクピタンが予選5−6位?のトゥルリーにどうやって追い付いた?
良く解らんがレッドブル勢に取っては絶妙のタイミングだった。
2台とも1回目のピッツインを済ませた所で、
ブラウン勢の1回目のピッツインで逆転される見込みだったでね。
あわててピッツインしたバトンが2位、パリチェッロは6位くらいになっていた。
前回ヴェったんに突っ込んだクピたんだが今回はヴェッテルの2勝目をアシストか?
しかし。兄弟ティームのブミタンがヴェったんのタイヤにダメージを喰らわせていた。
それが不安要素ではあった。

しかしその後のペースは安定しており結果的にはレッドブルの1−2で終った。
これでヴェったんは2勝目。
彼の実力はとてもとても計り知れない。

ウェバーも自己最高の2位だが、
この人、初表彰台の3位になった時もチームメイトが2位だった気がする。
ウィリアムズの時のハイドゥフェルドゥだ。
表彰台は嬉しいけど同じ車に乗るドライヴァに負けてるとなると複雑な気持ちだろう。
その時はインタヴ時も嬉しくなさそうだった。
今回のインタヴはカットされており解らぬが、シャンペンファイトでは笑顔も見られた。
クピたんの初優勝を2位で見たハイドゥのシャンペンは浮かない顔だったっケ。
まぁ前回は作戦次第ではどっちが2位でもおかしくなかったからネ。
それを言ったらハイドゥもそうだが…
ウェバが3位でハイド2位の時は、途中までウェバ−ハイドの順で走っていたのだが、
前に遅い車がいたので、先にピッツインしたハイドの方が前に出てそのまま2−3フィニッシュ。
クピタンが勝った時のハイドは作戦の違いで一時クピの前を走っていた状態があったが
チームの為にクピを先に行かせた。
そこで譲らなければBMWの1−2は無くなったがハイドの初優勝だったかもしれないのた。
まぁそうしたら1勝と引き換えにシートを失ったかもしれないけど。
二人とも勝てない運命やもね。
(記憶で書いてるので謝っていたら各自確認してくたさい)

ハイドゥと言えば、右京たんはウェヴァーが今までティームメイトに負けた事が無いと言っていたが、
オレの中ではハイドゥフェルドゥとクルサードゥに負けている。
ハイドゥと組んだ年はハイドゥが負傷によりシーズン途中で退場したので
データだけ見ればウェヴァーが上回っているように見えるが、
ハイドゥがいた間のポイントではウェヴァーの方が低かっただ。
しかし予選の速さとポイント圏外でもキポプシな点などは評価出来た。
ハイドゥはポイントから遥か遠くの位置にいる時モティヴェーションを失う感があったで。
※キポプシ:キープオンプッシング。パリチェロ語。

そしてレッドブルに移籍した1年目にクルサードにポイントで適わず。
フジでSC中にヴェったんに突っ込まれた事故が無ければクルが負けていたかもしれないが。

どちらも決勝のポイントの話しだが、まぁ大した差は無かった。
誤差の範囲と言っても良い。
予選では勝っていたので内容も考慮して総合的に見てウェヴァーの判定勝ち。
と言う判断は出来なくも無いと思うけど、
そういう注釈も無く負け無しと言うのは誤解を招くのではなかろうか。

でもクルサードは2年目に負けたけどね。
クルサードは現元そして将来のワールドチャンピオン以外はウェヴァーにしか負けてない。
ヒル、ハッキネン、ライコネン、ウェバーだ。
て事はウェバーも…?
(まぁそれ以外はクリリンくらいとしか組んでないんだけど)
posted by katana at 18:16| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かおる姫、デビュー戦初勝利! ビーチバレー

始め引退かと思われたが転向だった。
ビーチと言えば日焼けだが、
「白い妖精」とも「白い妖怪」とも言われる菅山の肌の白さが心配ではある。
気を付けてくたさい。
そういれば浅尾のキャッチフレーズが「ビーチの妖精」だったはづだ。
「かおる姫」は「プリンセスメグ」との姫対決に敗れてチームを追われた訳だが、(嘘です)
妖精対決にも注目したい。
負けた方が出て行けばいい。
今年浅尾組が菅山組に負けるんじゃ話しにならぬがネ。


しかし30才で転向だとちょっと遅いよなぁ…
インドアでオリンピク代表の目もあったから辞めれなかったか。
同じくインドアから転向した佐伯が北京代表時に36だったそうなので大丈夫。
みたいな書き方をしている記事もあったが、
佐伯に出来たから君にも出来るはずだなんて言うのは酷でしょ。

佐伯は全日本のエースでオリンピックに出るような選手だったし、
菅山姫と比べたら身長も高いし転向時の年も若い。
パートナも当時ビーチでトップだった高橋ユキコさん。
その高橋もインドアビーチあわせてオリンピック4大会連続出場とかの人だし。
(佐伯は非連続3大会)
それで4位まで行ったんだよね。
ビーチ自体のレベルも昔より上がってると思うし。
佐伯はブランクがあったって事が姫にとってのプラス要素ではある。
かんはってくたさい。

ちなみに佐伯のキャッチフレーズは月見草。
野球の野村監督とかと同じかも。
posted by katana at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

F1マレシーア

バトンがまたポールトーウィン。
雨がらみで色々あったんだけど結局またバトンが勝った。
本当にバトンの時代が来たんだろうか?
いや、個人的にはそう長くは続かないだろうと予想す。
ヴァトンのドライヴィングは高く評価しているが、
それ以外がダメなのでネ。
生涯1勝で終る実力ではないと思っていた。
3勝くらいしてもいい力はあると高く評価していたのだが、
2連勝でもうその3勝に届いてしまった。
予想よりも勝ちそうだね。

レースは豪雨により赤旗中断。
そしてレース続行不可能でそのまま終了。
ポイントは半分。
SC(セーフティカー)が導入されてから赤旗自体が珍しいが
赤旗中断でそのまま終ったのもそうとうめづらしい。

上位では誰が勝ってもおかしくない状況だったけど
終った時点でトップにいたのはバトン。
運もあったけどペースも良かったネ。

2位には終始ライバルたちよりペースが遅かったハイドゥフェルドゥが入った。
それもそのはづライヴァル達が3回とか4回とかピッツインするなか、
ハイドゥだけはなぜか1回しかピットインしていないのだ。
抜かれるシーンが多く写っていたが、フルタンクやタイヤが合ってない等の
不利な状態で良くかんはった。

3−4位はトヨタのグロック、トルリー。
グロックは惜しかった。
勝っていてもおかしくないレースだったネ。
トルリは終盤トラヴルを抱えていた?ようだがタイヤのせい?
1レースに2種類のタイヤを使うが、今年からそれらの差が去年までより大きいとか聞いた。
これでタイヤ選択によりペースがかなり変わるんだとか。

6位ウェバー。
レースよりもPGDAの代表としての活躍が目立った。
会長はデ・ラ・ロ・サでウェ・バーとアロソが役員?みたいだ。
しかしポイントが取れたのは大きいね。
ヴェッテルに押され気味なのでポイントでも先行されると引退の危機だで。
posted by katana at 18:23| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1オーストラリーGP ダミ声のナレータ

ナレータがダミ声だった。
アンドロメダに出てくるレヴのようだった。
吹き替え版しかしらないけど…
マゴーグ星人の僧侶だ。
andromeda_rev_bem.jpg
rev bem
もうこいつが言ってるとしか思えなくなるヌ。

今年のマシンはヤパリ格好悪い。
フロントウィングが巨大でリアが小さくなったので、
魚眼レンズで見ているかのような感じだった。


結果はバトンのポールトゥーウィン。
勝ち方としては一番楽なパタンだネ。
今回はマシンなりに走って勝った感じだが、
前を抜いて勝てるかどうかに期待したい。
ライヴァルが巻き返してくるであろう後半戦に自分より速いマシンを喰えるかどうか。
予選2位のパリチェッロがスタートでミスってクポクポだったのでさらに楽だったネ。
そのバリが終ってみたら2位って事の方がポックリする。
まぁ終盤のクピたんとヴェったんの事故があったからだけど、
その後ろにいた事でも十分驚きに値するだろう。
posted by katana at 18:15| Comment(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック
最近のコメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。