2008年03月17日

F1オーストラリア

開幕戦はいつも予習不足で解りづらいですね。

優勝はハミルトンたん。
しかし早め早めのピッツインでリードしていたが、
SC(セーフティーカー)がなかったらコヴァライネンが勝ってたかも?
開幕戦は荒れるのでSC込みの作戦もあるだろうけど。

2位のハイドフェルドもSCのタイミングに助けられた。
2回目のピットに入った直後にSCだったでね。
スタートでニコに抜かれたけど、ピットでニコをかわせて助かったネ。
そのSCの時3位になったバリはダメだった。
絶妙なタイミングか?とも思われたが結局ベナルティで失脚。
今年のBMWはいまいち?みたいに言われていたけど悪くないね。
今年もセカンドグループ争いの方で楽しませて貰えそうだ。
軽タンで予選2位に付けたクビサも
何事もなければハイドの前か後ろだっただろうし
空タンでポールでも取れてればSCのタイミングによっては優勝もあったかもしれない。
2強がはっきりしてると思い切った作戦じゃないと勝てないしね。
今回はフェラーリがダメだったけど。

日本勢ではオープニングの琢磨は良かったね。
混乱に乗じてちゃっかり順位を上げるタイプは日本人では彼だけ。
中嶋は最後クビサに追突したのかな?
クビサはそこで諦めたけど、中嶋は粘って入賞。
中嶋はデビュー戦?って事になってたけど2戦目じゃないのか?
去年上海走ってるじゃん???
あれはオレのまぼろしだったのか
それは誰にも解らない。

クビサはなぜやめたんだろう?
見た目より重大なダメージがあったのだろうか?

スーパーアグリの開発不足はディーヴィッドソンのコメントから解る。
「他のドライバーのオンボード映像を見ていたら泣きたくなってしまったよ。
彼らはあまりにも簡単そうにドライブしているんだもの」
泣くなデビ!かんはれ!
posted by katana at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック
最近のコメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。